オンラインゲーム、ラグナロクオンラインTiamet鯖での活動記録です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
(・ω・)趣味について色々
2005年10月02日 (日) | 編集 |
こんにちわ。
マグロの切り出し争奪戦に勝利した芋です(・ω・)ノ
近くの問屋スーパーで、かなり安く買えるのですが、休日は早く行かないと売り切れちゃうんですよ。
やっぱり肉より魚ウマー( ゜Д゜)
アパートに魚焼機ないですけど(;ω;)

今週、パンヤばかりやっていてROの記録ないんですが…
例によって、今回もROの事ではありません!
たまには趣味について書いてみようかと・・・
此間、ニュースでニュルンベルクのマイスタージンガーの事が取り上げられていました。
言わずと知れた、ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーの作品です。
ワーグナーの作品の中で、私が最も好きなのは「ニーベルングの指環」です。
全体は知っていなくとも、映画・地獄の黙示録でも使われている「ワルキューレの騎行」は多くの人が知っていると思います。
親父から借りたワーグナーの作品集で、ワーグナーを知り。
ニーベルングの指環から北欧神話に興味を持ち、それつながりでROを知った私!(゜Д゜)ちと強引だけど・・・
機会があれば生で是非味わいたいものですが、予算が無い私はCDです・・・orz

強引に話を続けますが、ドイツつながりで私が好きな人物が・・・
マンフレート・フォン・リヒトホーフェン、その人。
第一次世界大戦のドイツ航空軍所属のエースパイロットで、一言で言うなら「リアル・シャア」
赤く塗装した機体で活躍し(実際には、最後に機上したフォッカーDr.1のみが赤らしいのだが)『Red Baron(赤い男爵)』などの異名で恐れられた人物。
一見、エースとか過去の人物というイメージから、ナイスミドル的イメージを抱く人もいるかもしれませんが・・・
この人、享年24歳の若者なんですよね(・ω・;)
第二次世界大戦の一撃離脱と違い、空の騎士道とドックファイトの第一次世界大戦の空戦は、物語としても魅力的でカッコイイです。
(地上戦は、タンクやダイナマイトなどの登場で血みどろの泥沼戦でしたが…)

なんか、上のような事を書くとミリタリーな人と思われそうですが・・・
決して違いますよ。
∩( ・ω・)∩ チハタンばんじゃーい!!
なんて事も決してありませんとも。
ええ、決してありませんとも。
(補足:チハタン→大日本帝国軍主力戦車九七式中戦車チハの事)

単純に、英雄譚が好きなんですよね。
英雄譚から入り、別方向から見た戦争の悲惨さ、愚かさを知る。
物事は多くのサイドから見ろと言われますが、まさにその通り。
英雄は敵国にとっては死神な訳で…多くの方面から話を読み解けば、その違いを知ることが出来ます。
歴史などはその違いを楽しむことは出来ますし。
別に、歴史について正義と悪とか無意味な事を語ったり、書き込もうとしてるわけではないので、あしからず。

英雄譚好き。
これを最近、改めて自分で認識する事となったのが、知り合いに聞かされた曲。
Sound Horizonの自主制作CD 『Chronicle 2nd』に収録されている『聖戦と死神』という曲なんですが・・・
説明しにくいのですが、感じ的には物語を歌うという感じかな?
好きな人物は、ゲーフェンバウア。
主人公が、亡国の仇として滅ぼした国の騎士。
仇が仇を生む連鎖によって生まれた復讐の騎士ですね。
『貴様にだけは言われたくないわ!偽善者、英雄狂、人殺し、アルベルジュ!』
この台詞に惚れました。
未だにドップリ漬かってます=□○_

割合、他の人とは好きになるキャラクターが違う自分・・・
三国志で言うなれば、関羽や趙雲と言った人気人物より、楽進とか高順が好き。
でも項羽と劉邦だと、項羽が大好きヽ(`Д´)ノ
季布、鐘離昧、龍且も好きだ・・・全員項羽軍の武将orz
劉邦軍で好きな武将といえば、紀信くらいだなぁ・・・
でもやっぱり一番は項羽!
さて、余りぐだぐだもいけないので・・・最後に項羽が四面楚歌の中で虞姫に詠った辞世の句を載せて終わりにします。

力は山を抜き、気は世を覆う
時、利あらずして、騅行かず
騅行かざるは、如何ともすべきも
虞や、虞や、汝を如何せん

(;ω;)ブワッ
スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2005/10/02 13:19 | 雑記 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。