オンラインゲーム、ラグナロクオンラインTiamet鯖での活動記録です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
雑記(・ω・ )
2005年11月09日 (水) | 編集 |
おはようございます。
2倍期間いかがお過ごしでしょうか?

RMCにバフォcが出品されているのを発見・・・
+10サイドライク パーフェクト チェイン オブバーサーカー!(゜Д゜)
はい、夢からさめn(ry
でも、攻撃速度180以上の範囲MD攻撃・・・( ̄- ̄;)


以下、ニュースの出来事。
(凹む可能性あるので注意)

7日、福井県大野市の火葬場の焼却炉から白骨化した2遺体が見つかったニュース。
遺体は近くに住む80代の老夫婦で、「妻とともに逝く」などの書置きがあった事で無理心中との報道。
老夫婦の心中事件は年に何回か報道されるが、その中でも特にやり切れない気持ちになる事件だった。
妻が認知症になり、夫も体調を崩していたそうだが、彼らは何を考えて自ら命を絶ったのか。
自ら火をつけた焼却炉の中に入り、中から扉を閉めての心中。
あまりにも悲しい。

私の祖母も軽めの認知症(全体のレベルから見れば)になり今は施設に入所している。
気の短い祖父は認知症と知りながらも、祖母をよく怒り2人で喧嘩していた。
しかし、祖母が施設へ入所する事に祖父は寂しさの余り涙を流した。
それは今でも私の印象に残っている。

私の祖父母のように、例え伴侶が認知症であれ一緒にいたい・暮したいと思う人は多い。
しかし現在のシステムでは、夫婦片方が要介護度に当てはまらない場合は、夫婦揃っての施設入所はできない。
それどころか、施設が足りず入所手続きをしても最低3年待たないと入所できないという現状がある。(3年は名古屋市近辺の数字を参考に)
認知症の老人を家族がサポートできずに施設へ入れようとするが、空きを待っている間に死去するという場合もある。
しかし、空きがあれば入所できるのは恵まれているだろう。
中には金銭的な問題で入所したい、させたくてもできない人がいるのだ。

今回の事件背景がそうだが、伴侶が認知症であった場合は介護は苦しいものだろう。
互いに老いていく中、どれだけの事が自分だけで出来るだろうか?
徘徊行動を始めた伴侶の面倒を何処まで1人で見れるだろうか?
ヘルパーや在宅介護のシステムがあるじゃないか、と言う人がいるが、正直あれでは不十分な事が多い。
徘徊行動がエスカレートすれば、深夜であっても徘徊するので十分な睡眠をとることが出来ない。
精神と身体が日に日に無理が蓄積されていくだろう。
施設入所を決めても待っている間にどうかなってしまう。

そう考えていくと、日本の福祉環境は良いとは決して言えない。
北欧の国のように、国が率先して福祉を進めているイメージは悲しいことにない。
福祉というものを民間に任せ、さじを投げてある印象さえ持ってしまう。
昨今、増税だ・消費税の値上げだとニュースに出てくるが、それが確かな国家福祉としての費用に充てられるのなら増税も賛成してもいい。
それは、我々の祖父母だけでなく両親、やがては自分の為となるのだから。

勝手な持論を振り回してしまい申し訳ありません。
乱文ですが最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます。
興味があれば、この本を読んでみる事をお勧めします(・ω・)ノ
http://www.futabasha.co.jp/?isbn=4-575-29648-1&SESSIONID=d4532a0305a5ffa65087919238bb534a
スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2005/11/09 09:27 | Gvレポ | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
バフォCの範囲にMDは乗らないっすよー
2005/11/10(木) 18:34:36 | URL | ななしさん #l7H4TccY[ 編集]
あら(´・∀・`)そうなんですか。
情報ありがとうございますorz
2005/11/10(木) 20:40:31 | URL | いも #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。